エクアド本編

エクアド実践記@新しい外注さんがハイペースで書いてくれてます。

目安時間 3分

どうも、そうすけです。

 

 

エクアドの実践をはじめてからも月に10記事くらいと、ゆるーい感じで進めてたんですが、ちょっとハイペースにしようかと外注さんを3人契約しました。

 

一気に月100記事とか入れてみようかと思って。

 

外注さん頼みで。笑

 

 

で、クラウドワークスで連日募集、審査と。

 

よさそうな人だけ撰んで3人契約しました。

 

そしたらその中の1人が、1日2記事ペースで書いてくれるんです。

 

 

いやーありがたや。

 

 

記事タイトルとか考えるほうが、おっつかなくなりそう・・

 

外注ライター探す時って、難しく考えることないですよ。

 

とにかく、ちょっとでも読みにくいと思ったら全部断る。笑

 

 

僕は外注さんを探すときは同じ募集内容を、毎日あたらしく出したりします。

 

募集期限を1日後とかに設定して、どんどん出す感じですね。

 

そのほうが見てくれる人が多いのか、平均で5人から10人くらい、応募があります。

 

 

その中で契約まで行くのは、だいたい1人です。

 

あとはみんな断ってます。

 

 

なんか文章が硬いとか、微妙に日本語がヘンとか、そういうのって、修正を頼んでもなかなかなおらないんです。

 

もう、身についてるんでしょうね。

 

 

毎回いちいちそんな指示をするのは面倒なので

 

はじめから読み易い記事を書く人、

 

そういう人だけと契約するようにしています。

 

 

あとは、長く続けてもらえるようにコミュニケーションをとりながら仲良くやっていくと。

 

 

外注すると、やっぱり楽ですよ。

 

エクアドのやり方でキーワード選べば記事数にたいしてめっちゃ効率よく報酬も増えますし。

 

 

ここ3ヶ月は月10記事で毎月プラス1万ペース。

 

100記事とか入れたらもう、ウハーーー

 

ってならないかと思ってます。笑

 

 

その結果はまた報告しますね。

 


この記事に関連する記事一覧